シンポジウム報告

2018年9月23日~24日の2日間にわたり,第2回シンポジウム「ミナミハンドウイルカの生態」を開催しました.

北海道から沖縄まで,小笠原や御蔵島,奄美大島などの離島も含めた全国から107名の参加がありました.

12題の講演と11題のポスター発表では,ミナミハンドウイルカの生態に関する各地域での調査研究や研究手法のちがいによる地域横断的な研究の成果について報告がありました.また,総合討論では,保全策の検討と持続的観光産業へ向けての討論が行われました.


ダウンロード
総合討論に使用されたスライドです.自由にダウンロードしていただき,各地域におけるミナミハンドウイルカの保全と地域活性化について検討するためにご活用ください.
シンポジウム総合討論.pdf
PDFファイル 873.5 KB

<シンポジウムに参加された皆様へ>

1日目に撮影した集合写真がこちらのページからダウンロードできます.ページを開くのにパスワードが必要ですので,ご希望の方は当センター  crc.mieu(atmark)gmail.com  [(atmark)を@に変えてください]  までご連絡ください.配信期間は2018年10月17日~2018年12月27日です.