三重大学大学院生物資源学研究科

附属鯨類研究センター


附属鯨類研究センターは,鯨類の繁殖や生態の研究を行うとともに,関連研究者間の交流やその成果を啓発する活動を行う組織として,2016年12月に三重大学大学院生物資源学研究科内に設置されました.


What's new !!

 

2022/08/01 吉岡教授の福井県越廼海水浴場で目撃された野生イルカに関するコメントが,読売新聞に掲載されました.詳細はこちら(読売新聞オンライン 海水浴場に人を襲うイルカ,鋭利な歯でかまれ救急搬送も…「かわいくても危険」 8/1掲載).

2022/07/30 三重県総合博物館(MieMu)において有薗技術補佐員の講演会「クジラとイルカをめぐる旅~撮影を通じて見えたもの~」が開催されました.

2022/07/16 三重県総合博物館(MieMu)において吉岡教授の講演会「三重のクジラとイルカたち~出会いから今~」が開催されました.

2022/07/02 船坂准教授の記事「重要な役割担う水族館 『生息域外保全』対応に日々努力」が産経新聞(和歌山版)に掲載されました.

2022/07/02 三重県総合博物館(MieMu)において第31回企画展「集まれ!三重のクジラとイルカたち」がスタートしました.詳細はこちら(三重県総合博物館ホームページにリンクしています).

2022/06/13 福井県の漁港や海水浴場に棲みつくミナミハンドウイルカについて,福井テレビ「なんだー?ワンダー!」で森阪准教授の解説が放送されました.

 

 

過去の記事はこちら



スタッフ


研究集会等




※当ホームページ内の写真の無断転用を禁じます.