三重大学大学院生物資源学研究科

附属鯨類研究センター


附属鯨類研究センターは,鯨類の繁殖や生態の研究を行うとともに,関連研究者間の交流やその成果を啓発する活動を行う組織として,2016年12月に三重大学大学院生物資源学研究科内に設置されました.


What's new !!

 

2021/09/25 産経新聞(和歌山版)に船坂助教の記事「SDGsって何?⑧ 『スマート水産業』,持続可能な漁業に貢献」が掲載されました.

2021/08/28 産経新聞(和歌山版)に船坂助教の記事「SDGsって何?⑦ 定置網漁,乱獲防止で放流技術を模索」が掲載されました.

2021/07/19 吉岡教授,森阪准教授らのスナメリの個体間関係に関する研究が,哺乳類科学に掲載されました.詳細はこちら

2021/07/14 吉岡教授,森阪准教授らのイルカのあくびに関する研究が,中日新聞,朝日新聞などの各メディアで紹介されました.詳細はこちら(三重大リサーチナビサイトにリンクしています).

2021/06/30 「生物の科学 遺伝」の特集「海棲哺乳類の行動学」に,山本研究員の記事「水族館でおこなうハンドウイルカの認知実験」と有薗技術補佐員の写真「海氷上のゴマフアザラシの幼獣」が掲載されました.詳細はこちら(エヌ・ティー・エスのホームページにリンクしています).

 

 

 

過去の記事はこちら




研究集会等




※当ホームページ内の写真の無断転用を禁じます.